メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中外相

北朝鮮「非核化」を確認 首脳往来へ調整

日中外相会談を前に握手をする王毅外相(左)と河野太郎外相=東京都港区の飯倉公館で2018年4月15日午後4時32分(代表撮影)

 河野太郎外相は15日、中国の王毅国務委員兼外相と東京都内で会談し、企業交流などの経済協力を深めることで一致した。北朝鮮問題では「朝鮮半島の非核化」の目標を確認した。今年は日中平和友好条約締結40周年にあたり、両政府は首脳の相互訪問の早期実現も目指すなど、日中関係改善をアピールする方針だ。

 中国外相の来日は、日中韓外相会談が東京で開かれた2016年8月以来で、多国間の枠組みを除けば09年11月以来9年ぶり。

 河野、王毅両氏は約2時間半会談し、河野氏は冒頭で「互いに『強力なパートナーで、脅威にならない』との…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文704文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]