メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中外相

北朝鮮「非核化」を確認 首脳往来へ調整

日中外相会談を前に握手をする王毅外相(左)と河野太郎外相=東京都港区の飯倉公館で2018年4月15日午後4時32分(代表撮影)

 河野太郎外相は15日、中国の王毅国務委員兼外相と東京都内で会談し、企業交流などの経済協力を深めることで一致した。北朝鮮問題では「朝鮮半島の非核化」の目標を確認した。今年は日中平和友好条約締結40周年にあたり、両政府は首脳の相互訪問の早期実現も目指すなど、日中関係改善をアピールする方針だ。

 中国外相の来日は、日中韓外相会談が東京で開かれた2016年8月以来で、多国間の枠組みを除けば09年11月以来9年ぶり。

 河野、王毅両氏は約2時間半会談し、河野氏は冒頭で「互いに『強力なパートナーで、脅威にならない』との…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 関東大震災 体験談伝える 地割れ、津波…「怖さ忘れない」 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです