メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊

「福祉国家」でも スウェーデンで手術2万人

スウェーデンでの強制不妊手術で医師によって書き込まれた患者の手術申請書=2018年3月、矢野純一撮影

 「福祉国家」として知られる北欧スウェーデンでは、1935年から75年まで強制的な不妊手術が行われていた。97年に同国のジャーナリストが告発するまで、22年間歴史に埋もれていた。同国政府は報道直後に調査委員会を設置し、短期間で補償を実現した。ストックホルム郊外に住み17歳の時に強制不妊手術を受けさせられた男性(90)が取り戻せない人生の心の内を語った。【ストックホルムで矢野純一】

この記事は有料記事です。

残り2079文字(全文2270文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述
  2. セクハラ疑惑 麻生氏止まらぬ擁護 女性活躍ポーズだけ?
  3. 将棋 藤井六段、棋王戦予選決勝へ 今年度負けなし3連勝
  4. 衣笠さん死去 誇りだった…米の「鉄人」リプケン氏が追悼
  5. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]