メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レゴランド

水族館がオープン 雨の中、行列 名古屋

シーライフ開業を祝い、横断幕を手作りしたさかなクン(右)=名古屋市港区で2018年4月15日午前9時15分、斎川瞳撮影

 名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」に隣接する水族館「シーライフ名古屋」が15日、開業した。雨にもかかわらず100人以上が行列を作り、午前10時のオープンとともに館内は大勢の来場客でにぎわった。

 水族館は、今月28日に開業予定の「レゴランド・ジャパン・ホテル」(8階建て、客室252室)の1~2階に併設。「サンゴ礁」「竜宮城」などテーマごとに11ゾーンに分かれ、サメやエイ、クマノミなど約150種、3500匹が泳ぐ姿を楽しめるほか、ヒトデやイソギンチャクに触ることもできる。

 開園前に記念式典があり、運営会社のトーベン・イェンセン社長が「見て、触って、学んで、体験できるお客様主役の水族館。レゴランドと一緒に楽しんでほしい」と述べた。東京海洋大客員准教授でタレントのさかなクンも手作りの横断幕を持って駆けつけ、「シーライフの魚は元気いっぱい輝いていて、わくわく感でいっぱい。すギョい(すごい)!」と盛り上げた。

 午前1時から並んだという名古屋市東区の会社員、生駒文広さん(41)は「生き物とレゴブロックのコラボレーションが楽しみです」と笑顔で話した。水族館の1日パスポートの通常料金は大人(13歳以上)1900円、子供1500円だが、事前購入で割引がある。【斎川瞳】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  2. チリ 「121歳」の男性死亡
  3. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  4. ももクロコンサート 2日間で3万人が熱狂 滋賀・東近江
  5. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]