メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜競馬

「馬ファースト」に歓声 波打ち際を疾走 鹿児島

砂を蹴散らして競い合う出走馬=鹿児島県いちき串木野市の照島海岸で2018年4月15日午後1時40分、降旗英峰撮影

 鹿児島県いちき串木野市の照島海岸で15日、波打ち際を馬が駆け抜ける恒例の浜競馬大会があった。観客らは海風を受けながらその疾走を楽しんだ。

     1958年に地元の荷馬車組合の花見の余興として始まり、市観光特産品協会が海の街をPRしようと続けている。56頭が部門別に出走し、800~1200メートルで競った。

     白砂が残りサーファーも来る名所。人馬一体の走りの一方で、騎手を振り落とし優雅に潮風を切る馬も。その「馬ファースト」にも大きな歓声が上がった。【降旗英峰】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
    2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
    4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです