メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震2年

自宅再建か断念か 遺族、揺れる心

母京子さんの遺影の前で思いを語る島崎さん=熊本県益城町で2018年4月10日、森園道子撮影

 熊本地震の本震から16日で2年。2度目の最大震度7を観測した本震は、2日前の前震を体験した被災者が日常を取り戻そうとした矢先の激震だった。ともに自宅で眠りにつくも生死を分けた家族。あの日を呼び起こす自宅跡地で再建を決意するか、断念するか。遺族が揺れている。

母の記憶 胸が苦しい

 熊本県益城町の会社員、島崎浩さん(58)の母京子さん(当時79歳)は倒壊した自宅の下敷きとなり、亡くなった。島崎さんは隣室で寝ており、わずかな距離が2人の生死を分けた。「自宅跡に近づくとあの日を思い出してしまう」。島崎さんは自宅跡地での再建を断念し、復興住宅への入居を申し込んだ。

 2016年4月15日夜、前震の片付けを終えて電気も戻るなどしたことで、両親と3人で自宅で寝ることに…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1834文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです