メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第28回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンでスタートする参加者たち=茨城県土浦市で2018年4月15日午前10時、本社ヘリから西本勝撮影

 第28回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン(茨城県土浦市、同県かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)は15日、土浦市のJ:COMフィールド土浦(川口運動公園陸上競技場)を発着点とするコースで行われ、盲人(視覚障害者)、ウオーキングの各部門を含め計1万6509人が参加した。

     県内はこの日未明から激しい風雨に見舞われたが、午前9時過ぎに弱まり、フルマラソンがスタートする午前10時にはほぼやんだ。スタート時の気温も13.9度と好条件に。多くの出場者が着ていた雨がっぱを脱ぎ、ホッとした様子で駆け出した。

     バルセロナ・アトランタ両五輪でメダルを獲得した有森裕子さん(51)が激励に駆けつけたほか、君原健二さん(77)や宇佐美彰朗さん(74)、中山竹通さん(58)ら往年の名選手が盲人ランナーの伴走者を務めた。【庭木茂視、太田圭介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
    2. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 首都高 トレーラーから車3台落下 走行中、けが人なし
    5. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]