メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

河野太郎氏/上 留学先で出合った「水源」 主人公に共感

こうの・たろう 1963年生まれ。55歳。外相。米ジョージタウン大卒。父は河野洋平元衆院議長。

ロングバージョン

 「The Fountainhead」を手に取ったのは、1980年代に留学していた米ジョージタウン大の長期休暇の時だ。ワシントンの(繁華街の)デュポンサークルの書店、確か「クレーマー・ブックストア」だったと思う。カフェと本屋が一緒になっている有名な本屋だった。待ち合わせの間に本棚を見ていたら、この本の背表紙が目に飛び込んできた。

 というのも、入学前のサマースクールでハーバードにいった時、イラン系のルームメートがこの本を読んでい…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです