メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

河野太郎氏/上 留学先で出合った「水源」 主人公に共感

こうの・たろう 1963年生まれ。55歳。外相。米ジョージタウン大卒。父は河野洋平元衆院議長。

ロングバージョン

 「The Fountainhead」を手に取ったのは、1980年代に留学していた米ジョージタウン大の長期休暇の時だ。ワシントンの(繁華街の)デュポンサークルの書店、確か「クレーマー・ブックストア」だったと思う。カフェと本屋が一緒になっている有名な本屋だった。待ち合わせの間に本棚を見ていたら、この本の背表紙が目に飛び込んできた。

 というのも、入学前のサマースクールでハーバードにいった時、イラン系のルームメートがこの本を読んでいたのを覚えていたからだ。分厚い本だったので「どんな本?」と聞くと、彼は「うーん」としばらく考えて、「ロビン・フッドは良くない、という本だ」と言った。何を言っているかよく分からなくて問い返すと、彼の解説はこうだった。「ロビン・フッドに助けられ、金を受け取った人たちは努力しなくなるので良くない。自分で努…

この記事は有料記事です。

残り1648文字(全文2021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです