メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボストン・マラソン

川内、逆転V 瀬古以来31年ぶり

ボストン・マラソンで優勝し歓喜の川内=AP

 【ボストン共同】男子マラソンで世界選手権3度出場の川内優輝(31)=埼玉県庁=が16日、米ボストンで行われたボストン・マラソンを2時間15分58秒で制した。日本勢では1987年の瀬古利彦以来31年ぶり9度目の頂点で、過去の優勝者は65年の重松森雄や66年の君原健二ら。122回目を迎えた伝統のレースで公務員ランナーの川内が輝きを放ち、名選手に肩を並べた。

 気温約4度の厳しい冷え込みに大雨、強風の悪条件下で粘りを見せた。昨年の世界選手権王者で2連覇を狙っ…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文784文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. カジノ法 立憲愛知県連が誘致検討の大村知事をけん制
  5. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]