メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌舞伎俳優 尾上菊五郎の「弁天小僧菊之助」 「やる」から「見せる」に変化

 「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」が初演されたのは文久2(1862)年の江戸・市村座で、弁天小僧菊之助をつとめたのは、後に五世尾上菊五郎となる十三世市村羽左衛門。その弁天小僧を東京・歌舞伎座の「團菊祭(だんきくさい)五月大歌舞伎」でつとめる。

 初めて演じたのは1965年。22歳であった。五世から六世菊五郎、その養子の七世尾上梅幸、その長男の自身と、菊五郎家代々が大切に受け継いできた「家の芸」。73年の七代目菊五郎襲名に際しても演じた自身のあたり役である。

 初演時の題は「青砥稿(あおとぞうし)花紅(はなの)彩画(にしきえ)」。「白浪五人男」とも「弁天小僧…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1908文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
  4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
  5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]