メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌舞伎俳優 尾上菊五郎の「弁天小僧菊之助」 「やる」から「見せる」に変化

 「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」が初演されたのは文久2(1862)年の江戸・市村座で、弁天小僧菊之助をつとめたのは、後に五世尾上菊五郎となる十三世市村羽左衛門。その弁天小僧を東京・歌舞伎座の「團菊祭(だんきくさい)五月大歌舞伎」でつとめる。

 初めて演じたのは1965年。22歳であった。五世から六世菊五郎、その養子の七世尾上梅幸、その長男の自身と、菊五郎家代々が大切に受け継いできた「家の芸」。73年の七代目菊五郎襲名に際しても演じた自身のあたり役である。

 初演時の題は「青砥稿(あおとぞうし)花紅(はなの)彩画(にしきえ)」。「白浪五人男」とも「弁天小僧」とも呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り1612文字(全文1908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです