メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌舞伎俳優 尾上菊五郎の「弁天小僧菊之助」 「やる」から「見せる」に変化

 「弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)」が初演されたのは文久2(1862)年の江戸・市村座で、弁天小僧菊之助をつとめたのは、後に五世尾上菊五郎となる十三世市村羽左衛門。その弁天小僧を東京・歌舞伎座の「團菊祭(だんきくさい)五月大歌舞伎」でつとめる。

 初めて演じたのは1965年。22歳であった。五世から六世菊五郎、その養子の七世尾上梅幸、その長男の自身と、菊五郎家代々が大切に受け継いできた「家の芸」。73年の七代目菊五郎襲名に際しても演じた自身のあたり役である。

 初演時の題は「青砥稿(あおとぞうし)花紅(はなの)彩画(にしきえ)」。「白浪五人男」とも「弁天小僧…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1908文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです