メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/25 桃竹農園(京都府京田辺市) ゆったり竹林で甘みと香り

直売所で朝掘りタケノコを売る芝裕一さん、光枝さん夫妻=京都府京田辺市で、松井宏員撮影

 旬のタケノコ。近畿の名産地といえば京都だ。春の味覚を求めて京田辺市へ向かった。

 一休さんが晩年を過ごした一休寺近くの山手幹線沿いに、桃竹(とうちく)農園の直売所がある。訪ねた3月30日が今期のオープン初日。午前6時から掘ったばかりのタケノコが並んでいた。初物を待ちかねた人たちが早速買っていく。発送を頼んでいた男性は「ここのは全然違います。えぐみがなくて甘い。贈り物に一番です」。

 芝裕一さん(76)が大ぶりのタケノコを手に取って説明してくれる。「全体に白っぽくて、先が黄色で十文…

この記事は有料記事です。

残り1486文字(全文1727文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム事件 松本智津夫元代表の発言
  2. オウム事件 教団元代表の松本智津夫死刑囚の刑を執行
  3. 群馬・太田 利根川河川敷に「白いツバメ」 撮影に成功
  4. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
  5. 皇室 小室圭さん今夏、渡米へ 法律の専門知識深める意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]