メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塩釜桜

塩釜神社境内で開花 1週間で見ごろ NPOのガイドも開始 /宮城

開花した国天然記念物の塩釜桜=宮城県塩釜市の塩釜神社で2018年4月15日、渡辺豊撮影

 塩釜市の塩釜神社は15日、境内の国天然記念物「塩釜桜」が開花したと発表した。例年より早めだった昨年よりさらに4日早く、1週間ほどで見ごろを迎えるという。この日は、同市の歴史文化NPO「みなとしほがま」による「桜ガイド」も始まり、多くの花見客でにぎわった。

 塩釜桜は、平安時代から都人にも知られた遅咲きの八重桜。花びらが30~50枚もあり、小さな手まりの…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. 東京都の感染、新たに14人 7日連続で10人以上

  3. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  4. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 ブス、ばか…はるかぜちゃんが受け続けてきた悪意 選んだのは「訴訟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです