メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 汚染廃棄物処理 夏にも試験焼却 当選一夜明け、大崎市長が意向 /宮城

 東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された廃棄物の焼却処理を争点とした大崎市長選で4選を果たした伊藤康志市長は開票から一夜明けた16日、試験焼却について「選挙も終わった。(市)全体の一人一人までの合意にこだわると着手する時期はなかなか見えてこない」として、この夏にも実施に踏み切る意向を明らかにした。

 伊藤氏はこの日の当選証書付与式後に取材に応じ、試験焼却の関係経費を6月補正予算案に盛り込む準備をするよう、担当者に指示したことを明らかにした。その上で、「いろいろな不安をいただいている」として、新たに、国や県の担当者を招いた従来の住民説明会とは異なり、放射性物質などの専門家を講師にした「学習会」の開催▽焼却反対の申し入れをしている岩出山地区の焼却場や三本木地区の最終処分場周辺の住民組織より「もう…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです