メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北輓馬競技大会

人馬一体で激走 涌谷 /宮城

 東北輓馬(ばんば)競技大会が15日、涌谷町で開かれた。桜満開の城山公園を臨む江合川河川敷で、どっしりとした体つきの馬たちがタイムを競った。

     かつて農耕や木材運搬に使われた馬を馬主が競わせようとしたのが大会の始まりとされる。68回目となる今回は、同町をはじめ北海道や青森、岩手県からも馬たちが参加した。大きさ別に2~3頭ずつが、荷を載せたそりを引いて出走。途中高さ1・2メートルと1・6メートルの障害で脚が止まりそうになるとムチが入り、約120メートルの直線コースを人馬一体となって激走した。【山田研】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]