メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

畑わさび

復活の一歩 伊達市特産、7年ぶり出荷再開 制限解除 今年度は事故前の2%目指す /福島

 伊達市の特産「畑わさび」の一部の出荷が今月、伊達市月舘町のJAふくしま未来で始まった。福島第1原発事故による出荷制限が先月解除されたため、市場に出るのは事故後7年ぶり。16日には再出荷を祝う式典が同JAであり、関係者は「やっと踏み出せた一歩だ」と喜んだ。今年度は事故前の約2%にあたる500キロの出荷量を目指している。

 同JAによると、伊達市では、高冷地で日当たりの悪い月舘地区と霊山地区の山間部が畑わさびの栽培に適しており、県内産のほとんどをこれらの地区で作っていた。事故前の2010年度には、約200戸の農家が約25トン出荷し、販売高は約4763万円だった。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  2. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです