メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CD

船橋への愛、歌に シンガー・ソングライター海老原さん、初の全国発売 /千葉

 船橋市を中心に活動しているシンガー・ソングライターの海老原瞬さん(32)がCD「子供目線」(税込み1000円)を発売した。同市が昨年に市制施行80周年を迎えたことを祝い作った「新たな船出 夢の懸け橋」など計3曲を収録している。初の全国発売のCDで「船橋から全国に発信したい」と意気込む。

 海老原さんは茨城県出身で、現在は習志野市の津田沼に暮らす。歌手の玉置浩二さんに憧れ、16歳でミュージシャンを目指して上京した。JR津田沼駅前や船橋駅前などでギターの弾き語りの路上ライブから音楽活動を始め、音楽コンテストなどにも出場した。

 2013年に船橋市出身の友人とユニットを組み、同市との縁ができた。昨年5月に解散したが、音楽イベン…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文678文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです