メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症予防

「カフェ」リハビリ専門学生開設 横浜で月1回、地域交流拠点にも /神奈川

 リハビリの専門知識を生かして地域を元気にしようと、作業療法士を目指す学生たちが月に1回、横浜市内で「つなぐカフェ」を開いている。高齢者の認知症予防を目的に始まったカフェだが、地域の交流拠点にもなるよう、取り組みを進めている。【国本愛】

 「あの娘可愛いや カンカン娘♪」。今月14日、岩崎学園横浜リハビリテーション専門学校(横浜市戸塚区)で開かれた「つなぐカフェ」に集まった高齢者らが、懐かしの音楽に合わせて体操をしていた。カフェを始めたのは、作業療法士を目指す4年生10人。授業の中で、認知症の人や家族が気軽に集まることができる「認知症カフェ」の存在を知り、興味を持った学生らが集まった。

 まず、実態を知るため、自治体や近隣で開催されている認知症カフェに足を運び、高齢者の居場所づくりとし…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1133文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです