メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

包括的連携協定

鳴沢村と山梨大 農産物活用など /山梨

 鳴沢村と山梨大学は11日、包括的連携協定に調印した。中山間地にある同村は人口減が進んでおり、今回の連携をきっかけに農産物の活用や観光振興を図りたい考えだ。

     調印式で小林優村長は「蓄積された学術的ノウハウと人的資源を提供いただき、提案・支援をお願いしたい」とあいさつ。島田真路学長は「新たな観光資源の発掘と地域特産の農産物の活用を推進していきたい」と応じた。

     両者は協力して「地理的表示保護制度(GI)」に申請中の特産品「鳴沢菜」やトウモロコシ、ブルーベリーを生かした施策や、観光客を呼び込む取り組みを検討していくという。【小田切敏雄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]