メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア中央新幹線

新駅経済効果7.6億円の差 連絡ルート4案 山梨大試算 /山梨

 山梨大は16日、JR甲府駅とリニア中央新幹線の新駅(甲府市大津町)を結ぶインフラの経済効果を試算した結果、交通機関やルートによって最大で7・6億円の差が出るとする研究結果を発表した。山梨経済同友会が試算を精査し、今秋にもインフラ整備の推進を県に提言する方針。【野呂賢治】

 山梨大工学部の佐々木邦明教授(交通工学)と武藤慎一准教授(土木計画学)の両研究室が試算した。

 (1)平和通りルート(2)新山梨環状道路ルート(3)中央自動車道経由ルート(4)JR身延線常永駅経…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文681文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  5. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]