メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベッコウトンボ

桶ケ谷沼で羽化 磐田市確認 /静岡

 磐田市は、桶ケ谷沼(同市岩井)で環境省の絶滅危惧種で最も危険度が高いランク「1A類」に指定されているベッコウトンボの羽化を確認したと発表した。羽化は今月末まで続く見通し。

 同沼では、毎年羽化している。今年は同市のNPO法人・岩井里山の会の加藤佐登志さんが3月29日、沼北側の木製のいけすで2匹を見つけた。

 環境省や市によると、成虫の体長は約38ミリで、羽を広げた大きさは約7センチ。羽の斑紋と体の色がべっ…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです