連載

現場から

毎日新聞デジタルの「現場から」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

現場から

聴覚障害者とのコミュニケーション支援 要約筆記者、養成足踏み 自治体の講座、応募低調 知名度向上が必要 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 文字を使った「同時通訳者」になりませんか--。障害者の社会参画が進む中、聴覚障害者に話し手の発言ポイントを文字で伝える「要約筆記者」の育成に、明石市や神戸市などの県内自治体が取り組んでいる。だが、知名度不足からか、各地で開かれる養成講座に応募する人は多くはない。関係者は「社会的意義とやりがいがある仕事なので、ぜひ講座に参加して」と呼び掛けている。【浜本年弘】

 要約筆記は、中途失聴者や難聴者ら手話を「第一言語」としない聴覚障害者と、伝えたい側をつなぐコミュニケーション支援手段。筆記者は自治体を通して講演会や会合などに派遣され、発言内容を「文字」で要約し、紙に書いたりパソコンでスクリーンに映し出したりする。病院受診や学校の授業参観、保護者面談に同行することもある。報酬は自治体が負担する。

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1299文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集