メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保命酒

愛情注入、仕込み順調 福山・鞆の浦 /広島

最盛期を迎えた、鞆の浦の特産「保命酒」の原酒仕込み作業=広島県福山市鞆町の入江豊三郎本店で、藤田祐子撮影

 福山市の景勝地・鞆の浦で江戸時代からつくられる保命酒(ほうめいしゅ)の原酒仕込み作業が最盛期を迎えている。4軒の醸造元の一つ、入江豊三郎本店(福山市鞆町鞆)の酒蔵では16日、蒸した米の甘い香りが漂うなか、帽子とマスク姿の職人が、米をもみほぐして麹(こうじ)菌をなじませる種付け(床(とこ)もみ)作業を続け…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文384文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. 自民・杉田議員 「生産性がない」寄稿 先輩議員が擁護と投稿 LGBT支援団体は抗議 
  5. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]