メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

後味悪い ハリル監督解任劇 奪われた本領発揮の機会=大島祥平(東京運動部)

W杯ロシア大会出場を決めたオーストラリア戦で、選手から水をかけられ祝福されたハリルホジッチ監督=埼玉スタジアムで昨年8月31日、長谷川直亮撮影

 日本サッカー界が揺れている。ワールドカップ(W杯)ロシア大会まで残り2カ月になって、日本サッカー協会は、アジア予選前からチームを率いたバヒド・ハリルホジッチ監督を解任。強化責任者の日本協会技術委員長だった西野朗氏が新監督に就いた。ハリルホジッチ前監督を就任時から取材してきた者として思う。ここまで任せてきたのなら、腹を決めて最後まで託すべきではなかったか。この3年間の「完成形」をW杯で見届ける機会が失われたことが、残念でならない。

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです