メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

化学兵器疑惑 OPCW、現地入れず 「露とシリア、許可せず」

 【ブリュッセル八田浩輔】シリアの首都ダマスカス近郊ドゥーマでの化学兵器使用疑惑をめぐり、化学兵器禁止機関(OPCW)は16日、オランダ・ハーグの本部で執行理事会を開いた。シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定して限定攻撃に踏み切った米英仏と、OPCWの調査結果を待つべきだと主張していたアサド政権の後ろ盾のロシアとの間で応酬が繰り広げられたとみられる。

 OPCW英国代表部のツイッターによると、執行理事会でOPCWのウズムジュ事務局長は、調査団の第1陣…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです