メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

東南アジアで外交活発化 制裁緩和狙いか

 【バンコク西脇真一、ジャカルタ武内彩】北朝鮮が南北、米朝の二つの首脳会談を前に東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でも官民による積極的な動きを見せている。ASEAN議長国のシンガポールに外務次官を派遣したほか、友好団体を設立したり民間団体を招待したりしている。昨年2月にマレーシアで金正男(キムジョンナム)氏殺害事件が起きて以降、冷却化したASEANとの関係を改善し、制裁などの緩和を目指しているようだ。

 朝鮮中央通信によると、外務省代表団(団長・崔希鉄(チェヒチョル)外務次官)が3月31日~4月7日、シンガポールを訪問した。シンガポールでは今月末、今年1回目のASEAN首脳会議が開かれる。詳細は明らかになっていないが、ASEAN外交関係者は「首脳会議や(日米韓なども参加する8月の)ASEAN地域フォーラムで、北朝鮮を公然と批判しないように求めたようだ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです