メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンション価格

6.9%値上がり バブル期以来の高水準 首都圏昨年度

 不動産経済研究所は16日、2017年度に発売された首都圏(1都3県)のマンションの1戸当たりの平均価格は5921万円で前年度比6・9%値上がりしたと発表した。2年ぶりの上昇で、バブル期の1990年度(6214万円)以来の高水準となった。

 東京23区内を中心に高額物件が増え、人気を集めた。郊外でも駅に近く通勤などに便利な場所で発売が活発となり、価格を押し上げたという。

 発売戸数は1・1%増の3万6837戸と、4年ぶりに増えた。発売した月に売れた契約率の平均は0・3ポ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文564文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム事件 松本智津夫元代表の発言
  2. オウム事件 教団元代表の松本智津夫死刑囚の刑を執行
  3. 群馬・太田 利根川河川敷に「白いツバメ」 撮影に成功
  4. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
  5. 皇室 小室圭さん今夏、渡米へ 法律の専門知識深める意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]