メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/253 第7章 14=高村薫 田中和枝・挿画監修

 真弓は娘を乳房に吸い付かせたまま、片手のスマホのインスタグラムに見入るうちに、今日もまたちょっと時間が経(た)つのを忘れている。どこかのアートスペースで行われたインスタレーションのスナップが、タイムラインの上でコラージュになって重なり合い、朝ご飯とか洗濯とか掃除といった自身の日常の外に、三・五次元の異世界を開いて見せる。そこに頻繁に<いいね!>を付け、コメントを残し、フォロワー同士でアートを語る言葉を投げ合う人びとの意識の高さには全然ついてゆけないのに、飽きずにアート系のハッシュタグを追うのはそこに玉置悠一がいるからかもしれない。死んだ朱美をぷよにするような神経に辟易(へきえき)しているくせに、家族や友人との間にはない非日常の緊張感が、ある種のスリルになっているのかもしれない。

 真弓は、そう自覚する程度には冷静だが、未(いま)だ一歳にならない娘を抱えて日々育児に追われながら、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです