メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新聞で学ぼう

日本の未来 目輝かせ議論 こども新聞サミット、全国の小学生が活発に

提言を発表するこども記者たち=3月28日

 <くらしナビ 学ぶ>

 「小学生も良いアイデアを持っています」。そう訴える目が輝いた--。子ども向け新聞や紙面を発行する全国各地の新聞社が協力したイベント「第2回 こども新聞サミット」(こども新聞サミット実行委員会主催、ロボット科学教育クレファス、三菱商事、公文教育研究会協賛、文部科学省、内閣府など後援)が3月27、28日、日本科学未来館(東京都江東区)で開催された。全国から集まった「こども記者」たちが活発な議論を交わし、日本や、自分たちの未来について提言をまとめた。

 サミットは、「どんな日本の未来を生きていきたいか」を子どもたちが議論し、大人に伝える機会にしようと…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1179文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです