メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

おからアレンジ 子どもも満足 揚げ物に変身

 <くらしナビ ライフスタイル>

 栄養たっぷりのヘルシーなおから。素朴な味わいでおいしいのだが、地味なせいか子どもはちょっと敬遠しがちだ。そこで、おからに衣をつけて揚げると、人気のおかずに大変身! おからを2倍おいしくいただくレシピを、料理研究家の瀬尾幸子さんに聞いた。

 おからは豆腐を作る途中にできる豆乳を搾ったかすで、豆腐店やスーパーで安く手に入る。「卯(う)の花」や「雪花菜(きらず)」とも呼ばれる日本の伝統食で、食物繊維やカルシウム、たんぱく質も豊富だ。

 おからの煮物のコツは、最初に野菜にしっかりと火が通るまで炒めること。味が淡泊なため、ゴマ油で炒めてコクを出す。おからを加えて煮る時はドーナツ状にかき分け、鍋底に残る水分を確認する。水分が出なくなったら出来上がりだが、高齢者はしっとりしたほうが食べやすいので、好みで調節するとよい。素朴な味わいで飽きがこない名脇役の一品だ。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  2. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 東京都の新規感染者は2日連続の100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです