メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

おからアレンジ 子どもも満足 揚げ物に変身

 <くらしナビ ライフスタイル>

    瀬尾幸子さん

     栄養たっぷりのヘルシーなおから。素朴な味わいでおいしいのだが、地味なせいか子どもはちょっと敬遠しがちだ。そこで、おからに衣をつけて揚げると、人気のおかずに大変身! おからを2倍おいしくいただくレシピを、料理研究家の瀬尾幸子さんに聞いた。

     おからは豆腐を作る途中にできる豆乳を搾ったかすで、豆腐店やスーパーで安く手に入る。「卯(う)の花」や「雪花菜(きらず)」とも呼ばれる日本の伝統食で、食物繊維やカルシウム、たんぱく質も豊富だ。

     おからの煮物のコツは、最初に野菜にしっかりと火が通るまで炒めること。味が淡泊なため、ゴマ油で炒めてコクを出す。おからを加えて煮る時はドーナツ状にかき分け、鍋底に残る水分を確認する。水分が出なくなったら出来上がりだが、高齢者はしっとりしたほうが食べやすいので、好みで調節するとよい。素朴な味わいで飽きがこない名脇役の一品だ。

     作り置きする場合は冷蔵庫なら3日間、冷凍庫は1カ月を目安にする。解凍は電子レンジで大丈夫。もの足りない人は鶏、豚のひき肉や薄切り肉を一緒に炒めてもいい。

     家庭料理に詳しい瀬尾さんは、「家で自己主張の強いおかずを毎日作っていたら疲れてしまう。3日たったら忘れちゃうぐらいの料理がちょうどいい」と話す。簡単でもポイントを押さえることで、おいしくなるという。

     お次はコロッケ。ジャガイモを使うコロッケは手間がかかるため、作るのに気合が必要だが、おから煮の残りを使えば簡単だ。ポイントは種を大きくしないこと。片手で持てるぐらいの量が衣を付けやすく、揚げる際も割れずに火の通りが早い。パン粉を付けたらしばらく置いて密着させ、揚げる直前に種を軽く握り、しっかり衣を付ける。

     残った天ぷら粉で野菜を揚げれば、もう1品できる。パン粉はビニール袋に入れて冷凍し再利用しよう。使用した油は、目の細かいざるで揚げカスを丁寧にすくう。揚げ油は野菜の素揚げ→天ぷらやコロッケなどパン粉を使った揚げ物→空揚げ--の順に使うと汚れにくい。最後は固めて捨てる。

     揚げたてのおからコロッケは、カリッとした衣が香ばしく、そのままでも、ソースでいただいてもおいしい。菜の花とニンジンを使ったみそ汁も、春らしい味わいだ。

     「簡単においしく」が瀬尾さん流。調味料も心おきなく使える手ごろな価格のものでいいという。「手のこんだごちそうは外へ食べにいけばいい。だから家では疲れない料理がお薦め。ハードルを上げずに挑戦してほしい」。おからはそんな「初めの一歩」に適している。【上東麻子、写真・丸山博】=次回は「住」です


    おからの煮物

     《主な材料》(4人分)

    ▽おから     300グラム

    ▽ニンジン    1/3本(40グラム)

    ▽長ネギ     1/2本

    ▽ゴボウ     10センチ

    ▽干しシイタケ  2枚

    ▽油揚げ     1枚

    ▽ゴマ油     大さじ3

    ▽だし汁     2カップ

    ▽砂糖      大さじ3

    ▽しょうゆ    大さじ2

    ▽塩       小さじ2/3

     《作り方》

    <1>ニンジンは薄めの短冊切り、長ネギは小口切り、油揚げは小さめの短冊切りにする。干しシイタケは水で戻し、縦に3等分して薄切りにする。ゴボウは皮をそぎ、ささがきにして水にさらす。

    <2>おからはフライパンでから煎りし、パラッとなるまでほぐれたら取り出す。

    <3>深めのフライパンにゴマ油を熱しニンジン、長ネギ、ゴボウ、干しシイタケ、油揚げを強火で炒める。しんなりしたら火を弱め、ニンジンが軟らかくなるまで火を通し、おからを加える。砂糖、しょうゆ、塩、だし汁を入れる。

    ドーナツ状にして、水分が出てこなくなることを確認する

    <4>鍋底に水分がなくなるまで煮る。


    おからのコロッケ

     《主な材料》

    ▽残ったおからの煮物  適宜

    ▽天ぷら粉       1カップ

    ▽水          2/3~1カップ

    ▽小麦粉・パン粉    適量

    ▽キャベツ       1/4個

    ▽揚げ油        適量

     《作り方》

    <1>キャベツは千切りにして水に軽くさらしザルに上げておく。

    <2>おからの煮物をピンポン球より一回り大きいくらいに丸める。

    <3>(2)に小麦粉をまぶす。

    <4>市販の天ぷら粉に水を混ぜる。

    <5>小麦粉をまぶしたおからを(4)にくぐらせ、パン粉をつけてしばらく置く。

    <6>170度(パン粉を落としてシュワッとする程度)に熱した油で揚げ、キツネ色になったら取り出す。


    菜の花とニンジンのみそ汁

     《主な材料》(4人分)

    ▽菜の花   1束(150グラム)

    ▽ニンジン  1/2本(60グラム)

    ▽だし汁   800cc

    ▽みそ    大さじ4

     《作り方》

    <1>菜の花は食べやすい大きさに切る。ニンジンは薄切りにする。

    <2>鍋にだし汁、(1)を入れて火にかける。

    <3>煮立ったらみそを溶き入れて火を止める。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
    2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
    5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]