メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

再現力 0.01秒で違う世界 感動与える走りを=陸上・山県亮太

 アスリートの価値は感動を与えられるかどうかだと考えています。陸上男子100メートルは、順位だけではなく記録でも喜んでもらえます。100メートルという切りのいい距離で、10秒を切れるかどうかで価値が変わる。分かりやすいから記録も注目してもらえます。

 記録は短距離選手にとって「値札」のようなもの。自己記録の遅い選手が勝つことは基本的にありません。記録を追えば、順位も後からついてきます。記録は成長の指標になりますが、風に左右される側面もあります。本当の成長度合いを計るため、1メートルの風が吹くと0秒06記録が変わるという基準で無風換算し、前の記録と比較するようにしています。

 記録を強く意識したのは小学5年生の時です。小学4年で陸上を始め、最初は記録が一気に伸びましたが、1…

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです