メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

女子「金」で挑む 8月世界選手権、新ユニホーム

ソフトボール日本代表の新ユニホームのホーム用を披露する上野(右)とビジター用を着る山田=東京都新宿区で2018年4月16日、細谷拓海撮影

 日本ソフトボール協会は16日、千葉県で8月に行われる女子世界選手権に出場する日本代表17人を発表した。金メダルを獲得した2008年北京五輪代表の上野由岐子(ビックカメラ高崎)や山田恵里(日立)らがメンバー入り。宇津木麗華監督は2大会ぶりの優勝へ「最高のメンバーを選んだ」と意気込んだ。

 日本での開催は1998年以来3回目。上野は「東京五輪の前哨戦として価値のある大会にしていけるよう頑張りたい」と語った。

 この日は五輪のメダルをイメージした金色が基調の新ユニホームも発表された。大会は最多優勝10回を誇る…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  4. 消防団員 無活動1548人、報償7900万円 県都で
  5. 雑居ビルで爆発 42人負傷 ガス爆発の可能性も 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです