メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソフトボール

女子「金」で挑む 8月世界選手権、新ユニホーム

ソフトボール日本代表の新ユニホームのホーム用を披露する上野(右)とビジター用を着る山田=東京都新宿区で2018年4月16日、細谷拓海撮影

 日本ソフトボール協会は16日、千葉県で8月に行われる女子世界選手権に出場する日本代表17人を発表した。金メダルを獲得した2008年北京五輪代表の上野由岐子(ビックカメラ高崎)や山田恵里(日立)らがメンバー入り。宇津木麗華監督は2大会ぶりの優勝へ「最高のメンバーを選んだ」と意気込んだ。

 日本での開催は1998年以来3回目。上野は「東京五輪の前哨戦として価値のある大会にしていけるよう頑張りたい」と語った。

 この日は五輪のメダルをイメージした金色が基調の新ユニホームも発表された。大会は最多優勝10回を誇る…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文609文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
  5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです