メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新生児取り違え

51年前取り違えられた男性 実の親になぜ会えぬ 情報提供、病院が拒否

母子健康手帳を見ながら、51年前の新生児取り違え事故についての思いを語る当事者男性=丸山博撮影

 「実の両親に会って、私が何者なのか知りたい」。順天堂大順天堂医院(東京都文京区)で51年前に起きた新生児取り違えの当事者の男性=東京都=が、毎日新聞の取材に応じた。病院側はミスを認めて男性に謝罪したが、実の親に関する情報提供は「相手方の平穏な生活を乱す」と拒否した。国内に同様のケースを想定したルールや法律はなく、情報開示の是非が議論を呼びそうだ。【原田啓之、藤沢美由紀】

 2015年11月、都内の喫茶店で向き合った70代の母親は、神妙な顔で半世紀前の出来事を切り出した。…

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1668文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]