有害ガス

国宝展示ケースから 藤ノ木副葬品、劣化の恐れ 奈良の博物館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高濃度の有機酸ガスが検出されていたことが分かった展示ケース=奈良県橿原市の県立橿原考古学研究所付属博物館で2018年4月16日午後3時37分、藤原弘撮影
高濃度の有機酸ガスが検出されていたことが分かった展示ケース=奈良県橿原市の県立橿原考古学研究所付属博物館で2018年4月16日午後3時37分、藤原弘撮影

 奈良県橿原市の県立橿原考古学研究所付属博物館で、藤ノ木古墳(同県斑鳩町)で出土した国宝の副葬品を納めた展示ケースから、基準値を大幅に超える有機酸ガスが検出された。副葬品の劣化が進む恐れがあり、同館は16日、対策を検討していると明らかにした。

 同館によると、2013~16年度の調査で、金属のさびを促…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集