メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/4 奈良県十津川村 橋修繕、許さぬ財政

 朝からの説明会は予定の時間を超えても続いた。4月上旬、奈良県十津川(とつかわ)村の集会場。村がダムの底にたまった土砂の捨て場を近くに造る計画を説明すると、住民から発言が相次いだ。

 「歩道のない狭い橋を重機やダンプが頻繁に通ることになる。おばあちゃんが手押し車で歩かれへん」「近くのつり橋、直してもらえんのか」。73年前に架けられ、2015年に通行止めとなったつり橋「猿飼(さるかい)橋」の修繕を求める声が上がると、村の担当者が現状を訴えた。「村は通行止めの橋が日本一多い。もっと通行量が多くて危険な橋の修繕を優先したいので……」

 紀伊半島の中央にある山間の村は「広さ日本一」だ。県の5分の1を占める面積に約3300人が点在して暮…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです