メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/4 奈良県十津川村 橋修繕、許さぬ財政

 朝からの説明会は予定の時間を超えても続いた。4月上旬、奈良県十津川(とつかわ)村の集会場。村がダムの底にたまった土砂の捨て場を近くに造る計画を説明すると、住民から発言が相次いだ。

 「歩道のない狭い橋を重機やダンプが頻繁に通ることになる。おばあちゃんが手押し車で歩かれへん」「近くのつり橋、直してもらえんのか」。73年前に架けられ、2015年に通行止めとなったつり橋「猿飼(さるかい)橋」の修繕を求める声が上がると、村の担当者が現状を訴えた。「村は通行止めの橋が日本一多い。もっと通行量が多くて危険な橋の修繕を優先したいので……」

 紀伊半島の中央にある山間の村は「広さ日本一」だ。県の5分の1を占める面積に約3300人が点在して暮…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです