メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

トランプ流「どう喝外交」 揺らぐ多国間ルール=論説委員・木村旬

危うい米中の力比べ

 トランプ米大統領が中国への制裁関税など強硬な保護主義政策を打ち出した。中国の報復に対して貿易戦争も辞さない構えの一方、交渉による決着も探っている。ただ、どちらになっても相手を脅して譲歩を引き出す「取引外交」に変わりはない。力ずくの手法がまかり通れば、国際社会が築いたルールに基づく秩序が揺らぐ。

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2177文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです