メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

トランプ流「どう喝外交」 揺らぐ多国間ルール=論説委員・木村旬

危うい米中の力比べ

 トランプ米大統領が中国への制裁関税など強硬な保護主義政策を打ち出した。中国の報復に対して貿易戦争も辞さない構えの一方、交渉による決着も探っている。ただ、どちらになっても相手を脅して譲歩を引き出す「取引外交」に変わりはない。力ずくの手法がまかり通れば、国際社会が築いたルールに基づく秩序が揺らぐ。

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2177文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです