メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

ジャンケンが高度な心理戦に!? グー・チョキ・パーに「ダラ」と「ピン」を加えたカードゲームが熱い!!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ケーキが1つ余った、欲しい景品が友人と被った――日常生活で何かを決めるとき、私たちはたいてい「ジャンケン」をしますよね。これは、「グー」「チョキ」「パー」という3すくみの関係ゆえに、シンプルかつ公平に勝敗を決められるからです。今回、誰もが知るこの単純明快なジャンケンのルールに新たに2つの「手」を追加して、駆け引きや心理戦が発生する高度な読み合いへと昇華したカードゲーム、その名も「グーチョキパーダラピン」が登場しました!

↑商品1セットで2~6人まで同時に遊べる「グーチョキパーダラピン」。5手のジャンケンにちなみ、5月5日に発売される予定です。価格は税別1666円

 

「グーチョキパーダラピン」という名前からわかるとおり、「ダラ」と「ピン」が今回追加された「手」です。ピンは、グーチョキパー全部に勝ち、逆にダラはグーチョキパー全部に負けます。そして、ピンはダラに負けます。この2重の3すくみが、深い読み合いを発生させるのです。

さらに、カードゲームということで、「ハートチップ」という自分のライフのような要素や、勝敗の「手」によって手持ちのカードを捨てさせる新ルールなど、単発の勝負で終わらない工夫も満載。このような複雑な心理戦が楽しめるゲームでありながら、ジャンケンを元にしているのでルール自体はシンプルで覚えやすいのも魅力です。

 

この「グーチョキパーダラピン」を開発したのは、「 ∞(むげん)プチプチ」の企画・開発で知られるおもちゃクリエーター・高橋 晋平さんが代表を務める、株式会社ウサギ。高橋さんが3年前に「3手ではないジャンケンを開発してみたい」という構想を練り始め、細かな調整を続けながら今回、満を持しての発表となったそうです。

 

また、高橋さんは現在、昨今話題の仮想通貨を遊びながら学べるボードゲーム「THE仮想通貨」のプロジェクトも企画中。こちらはMakuakeにて4月20日(金)の18時までクラウドファンディング中とのことなので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

【関連記事】
30周年でサプライズ復刻!! セガ「メガドライブ ミニ」(仮称)2018年発売にファン歓喜
なぜこうまで人を惹きつけるのか――Ingressリアルイベントに見る「ARゲーム」のポテンシャル
タイムカプセルとして埋めたいプラモとは!?――ガンプラが好きすぎる片桐仁がレコメンド
ゲーム芸人が名アクションゲームの原点「ロックマン」でワイリー打倒を目指す【ゲーム芸人フジタの挑戦】
【90年代の伝説ロボ!】ダイレンジャー「DX大連王」25年ぶりの再会に思うこと。地味なようで超スゴイ“豪華復刻版”というあり方

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです