メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株

反発、212ドル高 シリア情勢の懸念後退

16日のニューヨーク証券取引所=ロイター共同

 週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比212.90ドル高の2万4573.04ドルで取引を終えた。シリアを巡る情勢悪化への懸念が後退し、相場に買い安心感が広がった。

     発表が本格化した米主要企業の2018年1~3月期決算は堅調な米経済を背景に好業績が見込まれており、幅広い銘柄で買い注文が優勢となった。上げ幅は一時315ドルに達した。

     銘柄別では、米医薬品大手メルクが同日、新型がん治療薬「キイトルーダ」の検証結果を発表し、肺がん患者に効果があることを示した。この発表が好感され、同社株は上昇した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
    2. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」
    3. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
    4. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
    5. 妻殺害容疑 29歳男逮捕 和歌山の海岸で水難事故装い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]