メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カナダ

キューバ駐在外交官家族に帰国指示 体調不良訴え

 カナダ政府は16日、キューバの首都ハバナに駐在させている外交官やその家族が昨年以降、原因不明の体調不良を訴えているとして、数週間以内に家族を帰国させると声明を発表した。今後は駐在職員の家族同伴を認めないとしている。

     キューバでは2016年秋以降、米国の外交官や家族、臨時採用の職員も体調不良を訴え、両国の外交問題に発展。音響装置による攻撃を受けた可能性も指摘されたが、キューバ側は関与を否定している。

     声明でカナダ政府は17年春に最初の体調不良が確認された後もキューバ政府と緊密に連携し建設的な関係を維持していると強調した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卑わいな言動容疑 「5年前から盗撮やのぞきを300回」
    2. 千葉の路上 男性、背中刺される 通り魔か 容疑者は逃走
    3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/4 「少し変な話」は大事なサイン
    4. 障害者施設 元職員の女性「虐待告発したら報復でうつ病」
    5. 仮想通貨 流出ネム580億円、資金洗浄完了か 専門家

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]