メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジビエ

「イノシカバーガー」商品化 高校生が開発 埼玉

「激推イノシカバーガー」の一般販売を始めた橋本誠さん=埼玉県秩父市で=2018年4月13日、松山彦蔵撮影

 埼玉県立皆野高(同県皆野町)の生徒がシカとイノシシの肉を使って開発したジビエ料理の「激推(げきおし)イノシカバーガー」(1個500円)が、同県秩父市のパン店「橋本菓子工房」で毎週金曜日限定で販売されている。店主の橋本誠さん(54)は「生徒の商品開発から始まり、地域イベントでの販売実習を経て一般商品に育ったのは驚きだ。地域活性化のため、少なくとも年内は販売を継続したい」と話している。

 同高は昨夏から商業科の選択授業でジビエ・ハンバーガーの開発に取り組んだ。ジビエ料理は農産物などの食…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文697文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです