メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボストン・マラソン

川内「一番幸せな日」大雨、強風耐え

ボストン・マラソンの男子で初優勝し、トロフィーを手に笑顔の川内優輝=米ボストンで16日、AP

 雨に打たれ、風で体を揺さぶられても川内は前だけを見つめて走り続けた。40キロを過ぎて急に足が止まった世界王者キルイを抜いてもトップの確信はなかったという。最後の直線で歓声に包まれてテープを切ると、驚きの表情で目を見開いた。

 大逆転のレースで自身が生まれた1987年の瀬古以来の日本人王者に輝き、君が代を聴いた。「自分が勝つためのコンディションだった。陸上を26年やってきて一番幸せな日」と喜びをかみしめた。

 スタート時の気温は3.3度。体感はさらに低かった。スピードでは劣っても悪条件での我慢比べは得意。ス…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです