メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボストン・マラソン

川内「一番幸せな日」大雨、強風耐え

ボストン・マラソンの男子で初優勝し、トロフィーを手に笑顔の川内優輝=米ボストンで16日、AP

 雨に打たれ、風で体を揺さぶられても川内は前だけを見つめて走り続けた。40キロを過ぎて急に足が止まった世界王者キルイを抜いてもトップの確信はなかったという。最後の直線で歓声に包まれてテープを切ると、驚きの表情で目を見開いた。

 大逆転のレースで自身が生まれた1987年の瀬古以来の日本人王者に輝き、君が代を聴いた。「自分が勝つためのコンディションだった。陸上を26年やってきて一番幸せな日」と喜びをかみしめた。

 スタート時の気温は3.3度。体感はさらに低かった。スピードでは劣っても悪条件での我慢比べは得意。ス…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 
  3. ORICON NEWS 楽天・松井裕樹&石橋杏奈が結婚「より一層野球に精進」
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです