メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百貨店

インバウンド 「西高東低」が顕著

百貨店の免税カウンターに列をつくる訪日外国人旅行者たち=大阪市中央区の高島屋大阪店で2018年1月16日午後5時4分、幾島健太郎撮影

好調の大阪、伸び悩む東京

 関西国際空港を利用して来日する外国人観光客の増加で、百貨店のインバウンドの売り上げは、大阪が好調だ。東京では高額品消費が伸び悩み、「西高東低」の傾向が顕著になっている。

 近鉄百貨店は16日、「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)にある本店の売上高について、2018年2月期は前期比15.0%増の1176億円だったと発表した。この他にも、心斎橋にある大丸心斎橋店は14.0%増の839億円、難波にある高島屋大阪店は8.8%増の1414億円と活況を呈しており、伸び率はいずれも各社の店舗で最も高い。

 高島屋大阪店は、同社の国内店舗の中で66年ぶりに売り上げ首位となった。同店の売上高のうち2割をイン…

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1597文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]