メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄

福ビル再開発、24年完成目標 天神コア閉店20年

再開発される福岡ビル(正面)と天神コア=福岡市で2018年4月16日午後4時3分、石田宗久撮影

 西日本鉄道は、2024年の完成を目指して本社が入る福岡市・天神の福岡ビルの再開発に着手する。隣接地で同社が管理運営する商業ビル「天神コア」は20年3月で閉店する方向。イオングループのOPA(千葉市)が隣接地で運営する「天神ビブレ」を含め、商業やオフィスで構成する複合ビルと一体開発する構想だ。

     18年中に基本設計に着手し、再開発の全体スケジュールを発表する。九州を代表する繁華街・天神を象徴するビルになるよう、高いデザイン性と機能性を備える。

     福岡ビルは1961年に完成し、約50テナントが入居。天神コアは76年に開業した若者向けファッションビルで、約120店が営業している。【石田宗久】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 衣笠さん死去 「江夏の21球」支えた沈着さ
    3. 衣笠祥雄さん死去 2215試合連続出場、不屈の闘志
    4. はしか 病院で拡大 愛知県、5人目感染を発表
    5. 自民 竹下亘氏「辞めるのも一つだ」麻生財務相の責任で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]