メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外関脇・御嶽海が初優勝 日本出身力士では稀勢の里以来
北朝鮮

ASEAN域内で積極的な動き 2首脳会談前に 

17年2月の金正男氏殺害事件で、冷却化した関係改善目指す

 【バンコク西脇真一、ジャカルタ武内彩】北朝鮮が南北、米朝の二つの首脳会談を前に東南アジア諸国連合(ASEAN)域内でも官民による積極的な動きを見せている。ASEAN議長国のシンガポールに外務次官を派遣したほか、友好団体を設立したり民間団体を招待したりしている。昨年2月にマレーシアで金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件が起きて以降、冷却化したASEANとの関係を改善し、制裁などの緩和を目指しているようだ。

 朝鮮中央通信によると、外務省代表団(団長・崔希鉄=チェ・ヒチョル=外務次官)が3月31日~4月7日…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文935文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  2. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]