メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア攻撃

メイ首相批判高まる 英議会の事前承認無しに

メイ英首相=AP

 【ロンドン矢野純一】シリア攻撃をめぐり、英国内では議会の事前承認無しに米仏とともに軍事行動に出たメイ首相に対する批判が高まっている。メイ氏は16日、英下院でシリアのアサド政権による化学兵器使用を繰り返さないための「人道介入」を強調した。

 メイ氏は下院で「化学兵器がシリアや英国の街角で当たり前のように使用されることは許されない。軍事行動は国益にも合致する」と説明。アサド政権を支援するロシアが国連安全保障理事会で拒否権の行使を繰り返しているため、「さらなる化学兵器攻撃を防ぐことができない」として攻撃への理解を求めた。

 また、攻撃の根拠として、国際法に違反する化学兵器使用でシリア国民が人道上の困難に直面している▽軍事行動以外に化学兵器使用を阻止する手段がない▽攻撃は限定的で政権の転覆を狙っていない--の3点を列挙。「人道介入」の条件を満たしているとした。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです