メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ

傍観した被害女性の上司処分 兵庫・川西市

 兵庫県川西市は16日、解職した本荘重弘元副市長(61)が20代の女性職員にセクハラをするところを止められなかったとして、女性の上司だった男性職員を戒告の懲戒処分にした。

 市職員課によると、処分されたのは健康増進部の副部長級の50代職員。当時は市民生活部の室長級で女性の直属の上司に当たり、本荘元副市長が昨年9月、大阪府池田市内のカラオケ店で女性とデュエットした際、手を握るなどしたところにいた。

 女性が直後から休職。本荘元副市長は同年11月に解職された。人事院の懲戒処分指針では、セクハラの行為者のみが処分対象だが、女性が現在も休職していることを重く見て、傍観した当時の上司を処分した。上司は「(セクハラを)止められなかった。迷惑を掛けてすみません」と話しているという。他に20代男性職員もいたが、管理職ではないため処分はしなかった。

 本荘元副市長は解職されたが、懲戒処分は受けていない。【石川勝義】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  4. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]