セクハラ

傍観した被害女性の上司処分 兵庫・川西市

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 兵庫県川西市は16日、解職した本荘重弘元副市長(61)が20代の女性職員にセクハラをするところを止められなかったとして、女性の上司だった男性職員を戒告の懲戒処分にした。

 市職員課によると、処分されたのは健康増進部の副部長級の50代職員。当時は市民生活部の室長級で女性の直属の上司に当たり、本荘元副市長が昨年9月、大阪府…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集