メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊田自動織機

「アニマルパス」整備 これで動物も安全に

キツネなどの小動物が森から森へ安全に渡れるように整備されたアニマルパス=愛知県東浦町緒川の豊田自動織機東浦工場で2018年4月16日、林幹洋撮影

 キツネなどの小動物が安全に移動できる道「アニマルパス」が、豊田自動織機東浦工場(愛知県東浦町緒川、石崎裕二工場長)の敷地内に整備され16日、完成式が行われた。経路には、天敵のオオタカから動物が身を守るための常緑樹も植えられた。【林幹洋】

 アニマルパスは長さ約300メートルで、同工場北側に隣接する「自然環境学習の森」と工場内の調整池周辺や南側の森を結ぶ。同社が、自然保護に取り組む団体などで組織する知多半島生態系ネットワーク協議会などと連携して整備した。池周辺から南北の森に抜ける緑地の斜面を、幅約1.2~…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです