財務省

福田次官はセクハラ疑惑否定 女性記者に調査要請

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
財務省を後にする福田淳一事務次官(中央)=東京都千代田区で2018年4月16日午後6時21分、佐々木順一撮影
財務省を後にする福田淳一事務次官(中央)=東京都千代田区で2018年4月16日午後6時21分、佐々木順一撮影

 財務省は16日、週刊新潮で女性記者へのセクハラ発言疑惑が報じられた福田淳一事務次官に対する聞き取り調査の結果を発表した。福田氏は「事実と異なる」と疑惑を否定し、「名誉毀損(きそん)にあたる」として新潮社を提訴すると表明。次官を続投する考えも示した。財務省は弁護士に委託して福田氏への調査を続ける方針で、同省記者クラブに加盟する報道機関の女性記者に調査への協力を求めた。

 福田氏の疑惑は、12日発売の週刊新潮が報じた。福田氏が複数の女性記者にセクハラ発言を繰り返したとしており、音声データも公表した。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文638文字)

あわせて読みたい

ニュース特集