岐阜県教委

高校部活コーチが体罰、公表せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岐阜県立益田清風高校(同県下呂市)で2014年、女子ハンドボール部のコーチだった非常勤講師の60代男性が部員に体罰を行い、依願退職していた。16日、県教育委員会が明らかにした。県教委は男性を処分せず、体罰があったことも公表していなかった。

 県教委によると、男性は14年5月、校内での練習中に部員3人の膝下を蹴り、うち1人に肉離れのけがをさせた。別の教諭が目撃して校長に指摘し、発覚した。男性は…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集