メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

橿原・博物館

国宝展示ケースから有害ガス 劣化進む恐れ

高濃度の有機酸ガスが検出されていたことが分かった展示ケース=奈良県橿原市の県立橿原考古学研究所付属博物館で2018年4月16日午後3時37分、藤原弘撮影

 奈良県橿原市の県立橿原考古学研究所付属博物館で、藤ノ木古墳(同県斑鳩町)で出土した国宝の副葬品を納めた展示ケースから、基準値を大幅に超える有機酸ガスが検出された。副葬品の劣化が進む恐れがあり、同館は16日、対策を検討していると明らかにした。

 同館によると、2013~16年度の調査で、いずれも金属のさびを促すギ酸と酢酸の有害ガスを検出した。ギ酸は文化庁が推奨する…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]