メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
イラク日報

緊迫生々しく 防衛省幹部は「戦闘行為ない」

公表された陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報のコピー=防衛省で2018年4月16日午後6時17分、藤井達也撮影

 防衛省が16日に公表した陸上自衛隊イラク派遣時の日報。計435日分に記載された事案の多くは当時から報道されてきた内容が中心だが、陸自部隊が活動していた南部サマワ市周辺では他国軍と武装勢力との衝突や陸自宿営地への攻撃が断続的に続いており、現場の隊員たちの緊迫した様子も記載されている。

 「サドル派(反米強硬派)民兵(が)多国籍軍の反応を確認するために攻撃した」。日報で「戦闘が拡大」と表現した2006年1月21日の英国軍などと武装勢力の武力衝突。同日中にサマワ市内では英軍やイラク軍などの合同作戦センターも銃撃されるなど衝突が断続的に続き、日報は「(サドル派は同センター)を敵の象徴とみなし、これを攻撃することで多国籍軍を排除しようとしている」として、今後も攻撃が続く見通しを記していた。

 ただ、ほかに「戦闘」の文言が確認されるのは、首都バグダッドやイラク北部での情勢に触れた部分などにと…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1378文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 地震 大阪府北部で震度6弱
  3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]