メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異常たんぱく質

核外へ運ぶ新分子 老化に関与の可能性

 京都産業大の永田和宏教授(細胞生物学)と東京大などのチームは、異常なたんぱく質を核から細胞質に積極的に運び出す分子を発見したと発表した。これまでの研究では逆に異常なたんぱく質は細胞質から核内に運ばれ、そこで分解されると考えられていた。線虫を用いた実験でこの分子の機能を抑えると寿命が短くなったことから、老化に関与している可能性もあるという。成果は17日、米国科学アカデミー紀要「PNAS」に掲載される。

 異常なたんぱく質は「ユビキチン化」という標識がつけられた後、酵素やオートファジー(細胞の自食作用)…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです