メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異常たんぱく質

核外へ運ぶ新分子 老化に関与の可能性

 京都産業大の永田和宏教授(細胞生物学)と東京大などのチームは、異常なたんぱく質を核から細胞質に積極的に運び出す分子を発見したと発表した。これまでの研究では逆に異常なたんぱく質は細胞質から核内に運ばれ、そこで分解されると考えられていた。線虫を用いた実験でこの分子の機能を抑えると寿命が短くなったことから、老化に関与している可能性もあるという。成果は17日、米国科学アカデミー紀要「PNAS」に掲載される。

 異常なたんぱく質は「ユビキチン化」という標識がつけられた後、酵素やオートファジー(細胞の自食作用)…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文595文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  2. レゴランド 1日パスポート、東海在住者は35%引き
  3. 訃報 浅利慶太さん85歳=演出家、元劇団四季代表
  4. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
  5. 追跡2018 レゴランド・ジャパン 開業1年 辛口の声を受け止めて 中京大経済学部・内田俊宏客員教授 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]